#1【ウイポ9 2021】新人賞を目標に娘騎手がデビュー!【夏帆MAX計画】

(*´・ω・)ノおはようございます~♪

ウイポ信者のたいたいでございます

今回のプレイ日記は、スタートで子連れの椎野はるか氏と結婚すると、次の年に騎手としてデビューする椎野夏帆ちゃんを、所有馬に乗せまくってリーディングジョッキーに育てるという企画です。夏帆騎手は何故か2021で顔が変わっていますw

2020でも夏帆MAX計画のプレイ日記を書いていましたが、所有馬が多くなりかなり面倒になって途中で投げ出してしまいました(-_-;)

2021ではDLCを使うと、所有馬が15頭まで持てるようになって、余計に投げ出す確率が高くなりそうですが、やる気のある内になんとか頑張って進めて行きたいと思いますw

超久々の更新。ウイニングポスト9 2020プレイ日記です。2021が発売延長になったので、発売まで再び2020で遊んでみようかと思いました。夏帆騎手をリーディングにする夏帆MAX計画でプレイしていきます(`・ω・´)


夏帆MAX計画1985年1~4月

今回は牧場拡張系のDLCを使って、引継ぎ有りでのプレイです。ルドルフ等の1984年馬セットは買いませんでした。

初期の夏帆騎手はダメダメな騎手なので、最初の難易度はノーマルにしました。育ってきたら上げていこうと思います。

夏帆騎手デビュー

1年目の内容は夏帆騎手がいないので割愛します。2年目の1985年に夏帆騎手がデビューします。能力はランダムみたいですが、私の箱庭では追込みが得意そうな騎手で登場しました。

同期の代表は今も現役である柴田善臣先生でしたw

コースポも善臣先生が紙面を飾っていて、夏帆騎手は2番手評価でした。1年目の目標は30勝以上して新人賞を貰う事です。

2歳馬は史実馬を15頭所有しました。2歳馬達がデビューするまでは、スズパレードとサザンフィーバーの2頭だけなので、DLCでルドルフセットと昭和の快速馬セットを買えばよかったかなと少し思いましたね(A;´・ω・)

1月成績

夏帆騎手の初勝利は、所有馬のサザンフィーバーで重賞勝ちでした。

スズパレードでもAJCCを勝ったので、1月は2勝しました。相変わらず2021でも、所有馬以外での依頼が少ないのは改善されていないみたいですね。困りますよ(-_-;)

2月成績

2月の所有馬は、共同通信杯にサザンフィーバーが出走しただけでしたが、取りこぼさず重賞勝ちしました。サザンフィーバーは早熟なので、この時期で並の相手なら勝てますね。

2月の夏帆騎手の勝ち鞍もこの1勝だけでしたw

3月成績

2021で新たに取り入れられた、馬と騎手の絆が地味に新人騎手には有難いシステムですね。

絆レベルが上がると戦法が×でも〇になったり、絆レベルが5になるとスキルも覚えます。完全燃焼も覚える可能性があるらしいので、それは余計な仕様ですね(-_-;)

所有馬での2勝の他に、COM馬でも1勝したみたいで通算6勝となりました。30勝できるか怪しい感じがしてきました(A;´・ω・)

史実馬を自家生産馬に

引継ぎプレイなのでお金とお守りは沢山持っています。なので、史実馬が生まれる前に繁殖牝馬を買って、史実馬を自家生産馬扱いにして牧場長もついでに育てていこうと思います(`・ω・´)

オグリキャップで流星イベントが発生しましたw

4月成績

シンボリルドルフがドバイ遠征でいないのを確認して、大阪杯にスズパレードを出走させました。夏帆騎手のGⅠ初騎乗となりました。ミスターシービーがいるので夏帆騎手だと勝てるかは微妙なところですw

サザンフィーバーで皐月賞にも出走しましたが、ミホシンザンが強くて3着に敗れました。

4月は大阪杯から中2週で、スズパレードをマイラーズカップに出走させて勝った1勝のみで終わりました。出走できる馬が2頭しかいないので暇ですね(´・ω・`;A)

夏帆MAX計画1985年5~8月

NHKマイルカップ

NHKマイルカップにサザンフィーバーが出走しました。この年代のNHKマイルカップは完全に空き巣レースなので、夏帆騎手が1年目でGⅠを勝つならここしかないですね

クラブ設立

クラブ設立は特に意識していませんでしたが、2年目でクラブ設立イベントが発生しました。

クラブ代表は須田鷹雄氏が良かったのですが、3年目にならないと現れないので、仕方なく今回は有馬桜子さんにお願いしました。

なぜ須田鷹雄氏がいいかと言うと、須田鷹雄氏以外の知人はクラブに入会するので、代表にしてしまうとその知人がクラブに入らなくなる為です。

理由はそれだけなので、絵面重視の人は他の方でも別にいいと思いますw

5月成績

5月終了時点では9勝と、30勝まではかなり危ないペースですね。2歳馬が早くデビューしてくれればいいですが、施設がまだ最大ではないので怪しいところです(-_-;)

6月成績

鳴尾記念を勝利して、スズパレードとの絆は4まで上がりました。まあ、スズパレードクラスだと、先行が×な夏帆騎手でも余程の相手じゃない限りは負けません。

そのスズパレードで宝塚記念に出走して、強敵も不在で1人気に支持されましたが、地方馬のサンオーイに負けてしまい、確勝級のレースを落として流石夏帆騎手だなと思いました(-_-;)

6月の成績はスクショを取り忘れてしまってありませんが、確か鳴尾記念をスズパレードで勝った1勝のみだったはずで、新人賞の30勝はかなり厳しい状況ですw

7月成績

7月はサザンフィーバーが59キロを背負いながらも、ラジオNIKKEI賞を勝ってくれました。早熟なのでそろそろ競争寿命が尽きるはずです。

7月の勝利はサザンフィーバーの1勝だけですw 2歳馬もデビューが遅れているので、30勝は無理ですね(-_-;)

8月成績

8月の北海道シリーズで、夏帆騎手が帰省するイベントが発生しました。弟に発破をかけられていましたw

「そんなこと言ったって、COM馬が乗せてくれないんだからしょうがないじゃないか!」とえ〇り君ではないですが、私には夏帆騎手の心の声が聞こえましたw

ただ、8月にやっと2歳馬がデビューしたので、勝鞍を増やして16勝となりました。まだデビューしていない2歳馬は10頭以上いるので、年内にデビューできれば30勝に届くかもしれません。

夏帆MAX計画1985年9~12月

9月成績

長くなってきたので捲いていきますw

9、10月は特にネタはありません。細々と出走させていますが、夏帆騎手が結構取りこぼしているので、なかなか勝鞍が増えてくれませんw 上手い騎手なら勝ってくれるんですが仕方ありません(-_-;)

上にも書いたように、2歳馬がデビューしてきましたが、取りこぼしが多く勝ち数は伸び悩みました。+1勝のみで17勝です。

発作毅彦ラストクロップ

10月には発作産駒が生まれて、男の子だったので名前は優駿にしました。女の子なら秋華の予定でしたw 子連れなのでこれが最後の産駒となります。サヨナラ配合ですね(笑´∀`)

10月の成績も+2勝と伸び悩みました。今までのペースだと、残り2か月で11勝はかなり厳しい感じですね(-_-;) マイルがCになって物凄く地味に成長はしていますw

11月成績

夏帆騎手は唯一追込みが〇なので、どの馬でも追い込みにしてみたら、意外と取りこぼさなくなりましたw

全く瞬発力がない馬は厳しいかもしれませんが、先行馬を追い込みにしても案外走ってくれます。夏帆騎手の成績がかなり安定してきました。

追込み効果もあって、11月は6勝を上乗せして25勝まで追い上げました。これならギリギリ30勝に到達できるかもしれません。ただ、ここまで戦法の成長は一切ありませんw

12月成績

追込みにしてから調子は良かったのですが、GⅠではモブ馬に負けて取り逃してしまいました。負けても絆レベルが上がるのは助かりますね。

ホープフルステークスも2着でしたが、こちらはダイナガリバーに1流騎手が乗っての敗戦なので仕方ありません。

しかし、取りこぼしたのはこの2戦だけで、後は2歳馬がデビューに間に合ったので6勝する事が出来ました♪

最終順位は25位で、31勝して重賞は18勝しました。何とか30勝に届いたので良かったです(*´ー`)

年末

表彰式を見て愕然としました。2021では新人賞がなくなっていました(´・ω・`;A) わざわざ削らなくてもいいのに(-_-;)

気を取り直して、所有する1歳馬を紹介します。DLCを使うと1世代25頭まで買うことが出来るみたいですね。全部史実馬を買いましたw

クラブの分まで史実馬を買ったので、100億あった所持金がかなり少なくなって結構やばいです。

1年目は戦法の成長はありませんでしたw

来年は1月からそこそこ出走できるので成長に期待したいと思います。

それではこの辺で失礼します(^_^)/~~~






フォローする