2019重賞展望GⅠ【有馬記念】過去10年データとMの法則で予想

(*´・ω・)ノおはようございます~♪

道北の馬券師たいたいでございます(`・ω・´)

前回のジャパンカップの展望では◎のカレンブーケドールが2着に来ました(*´ー`)

今回は2019年12月22日、中山競馬場で開催されるGⅠ有馬記念を、主に過去10年データとMの法則で予想していきます(`・ω・´)



2019年GⅠ有馬記念 中山芝2500m過去3年データ

始めに、平場を含む中山芝2500mの過去3年データで同コースを分析していきます。

同コース 枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠8- 4- 4-28/4418.2%27.3%36.4%11278
2枠2- 3- 6-33/444.5%11.4%25.0%2154
3枠3- 3- 4-39/496.1%12.2%20.4%8049
4枠5- 7- 5-34/519.8%23.5%33.3%7974
5枠3- 5- 6-43/575.3%14.0%24.6%1549
6枠6- 8- 2-44/6010.0%23.3%26.7%10965
7枠4- 3- 8-50/656.2%10.8%23.1%2945
8枠6- 4- 2-53/659.2%15.4%18.5%14055

集計期間:2016. 3. 6 ~ 2019.12. 1

枠の成績は1枠が断トツで良い成績ですね。中枠の成績もよいですが、逆に悪いのは大外枠です。

同コース 出走騎手別集計

騎手着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
ルメール3- 3- 4- 3/1323.1%46.2%76.9%76128
藤岡佑介2- 1- 0- 2/ 540.0%60.0%60.0%170228
武豊2- 1- 0- 2/ 540.0%60.0%60.0%13680
丸山元気2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%14368
津村明秀1- 2- 1-11/156.7%20.0%26.7%24198
岩田康誠1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%2198
横山典弘1- 0- 3- 9/137.7%7.7%30.8%6662
池添謙一1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%22267
川田将雅1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%14063
三浦皇成0- 3- 1- 8/120.0%25.0%33.3%072
福永祐一0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%013
マーフィ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
松山弘平0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
ムーア0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

集計期間:2016. 3. 6 ~ 2019.12. 1

母数が少ないので参考程度です。ルメールと武豊はわかりますが、意外にハゲニイの成績がいいですね。

同コース 出走種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
ステイゴールド9-11- 8-47/7512.0%26.7%37.3%4665
ディープインパクト4- 2- 2-30/3810.5%15.8%21.1%11645
ハーツクライ3- 4- 7-32/466.5%15.2%30.4%2367
キングカメハメハ2- 5- 3-29/395.1%17.9%25.6%2451
ルーラーシップ2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%8655
ヴィクトワールピサ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%080
ロードカナロア0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0320
クロフネ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

集計期間:2016. 3. 6 ~ 2019.12. 1

好走率ではステイゴールドが抜けて良いです。ハーツクライとルーラーシップもいいですね。ディープは普通です。

同コース 前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ3- 2- 1- 24/ 3010.0%16.7%20.0%12748
平地・先行10- 11- 14- 87/1228.2%17.2%28.7%5563
平地・中団13- 20- 11- 99/1439.1%23.1%30.8%9075
平地・後方7- 3- 10-100/1205.8%8.3%16.7%5236
平地・マクリ4- 1- 0- 7/ 1233.3%41.7%41.7%20290
3F 1位4- 4- 5- 43/ 567.1%14.3%23.2%2836
3F 2位10- 5- 6- 35/ 5617.9%26.8%37.5%13282
3F 3位5- 8- 7- 24/ 4411.4%29.5%45.5%5695
3F ~5位6- 7- 10- 55/ 787.7%16.7%29.5%11775
3F 6位~12- 13- 8-160/1936.2%13.0%17.1%6045

集計期間:2016. 3. 6 ~ 2019.12. 1

脚質データでは、前走で先行か中団にいた馬の好走率が高いですね。

2019年GⅠ有馬記念 過去10年データ分析

ここからは過去10年データを使って有馬記念を分析していきます

有馬記念過去10年年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳5- 2- 2- 21/ 3016.7%23.3%30.0%82103
4歳1- 6- 2- 31/ 402.5%17.5%22.5%4274
5歳4- 2- 4- 37/ 478.5%12.8%21.3%3445
6歳0- 0- 1- 18/ 190.0%0.0%5.3%019
7歳0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%0.0%00
8歳0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%063

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

新鮮な3歳馬が5勝して好走率も1番高いですね。6歳以上になると勝ちはなく好走率も低くなります。

有馬記念過去10年枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠2- 2- 1-14/1910.5%21.1%26.3%5441
2枠1- 2- 0-16/195.3%15.8%15.8%4556
3枠1- 2- 1-14/185.6%16.7%22.2%884
4枠2- 2- 0-16/2010.0%20.0%20.0%12964
5枠1- 1- 3-15/205.0%10.0%25.0%2075
6枠2- 1- 2-15/2010.0%15.0%25.0%2499
7枠1- 0- 2-17/205.0%5.0%15.0%1323
8枠0- 0- 1-19/200.0%0.0%5.0%018

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

よくテレビとかで有馬記念は外枠不利とか言われますが、実際にデータでも外枠は不利ですね。特に8枠だと3着が1回のみと好走率はかなり低い傾向です。外枠以外だとあまり好走率は変わらないので、外枠に入った馬は気の毒ですね(A;´・ω・)

有馬記念過去10年単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1.5~ 1.92- 1- 0- 0/ 366.7%100.0%100.0%116113
2.0~ 2.93- 2- 0- 0/ 560.0%100.0%100.0%150128
3.0~ 3.90- 1- 2- 1/ 40.0%25.0%75.0%0110
4.0~ 4.91- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%5745
5.0~ 6.90- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%060
7.0~ 9.93- 1- 2- 8/ 1421.4%28.6%42.9%185112
10.0~14.90- 0- 0- 14/ 140.0%0.0%0.0%00
15.0~19.91- 1- 0- 12/ 147.1%14.3%14.3%12147
20.0~29.90- 2- 1- 16/ 190.0%10.5%15.8%073
30.0~49.90- 2- 2- 19/ 230.0%8.7%17.4%094
50.0~99.90- 0- 1- 29/ 300.0%0.0%3.3%042
100.0~0- 0- 0- 20/ 200.0%0.0%0.0%00

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

過去10年での勝ち馬のオッズは比較的固い傾向にありますね。2倍台までは連対率だと100%です(lll ̄□ ̄)

軸馬は単勝オッズ10倍以内の馬から選ぶのが無難そうですね。

有馬記念過去10年前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%2734
平地・先行3- 1- 4- 37/ 456.7%8.9%17.8%6180
平地・中団3- 7- 2- 56/ 684.4%14.7%17.6%2954
平地・後方1- 0- 3- 23/ 273.7%3.7%14.8%1431
平地・マクリ1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%135135
3F 1位2- 2- 3- 17/ 248.3%16.7%29.2%2293
3F 2位2- 3- 0- 13/ 1811.1%27.8%27.8%10681
3F 3位1- 0- 2- 10/ 137.7%7.7%23.1%3053
3F ~5位0- 1- 1- 24/ 260.0%3.8%7.7%035
3F 6位~4- 4- 3- 57/ 685.9%11.8%16.2%4149

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

前走4角着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
4角1番手1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%2126
2番手以内3- 1- 2- 17/ 2313.0%17.4%26.1%5688
3番手以内5- 2- 2- 29/ 3813.2%18.4%23.7%8471
4番手以内5- 3- 4- 42/ 549.3%14.8%22.2%5976
5番手以内7- 5- 4- 53/ 6910.1%17.4%23.2%6371
7番手以内7- 6- 5- 76/ 947.4%13.8%19.1%4662
10番手以内8- 9- 6- 94/1176.8%14.5%19.7%4462

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

どの脚質も馬券圏内に来ていますが、安定度では先行と差しが良さそうです。

有馬記念過去10年前走人気別集計

前走人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気7- 3- 1- 16/ 2725.9%37.0%40.7%162114
前走2人気0- 2- 2- 12/ 160.0%12.5%25.0%058
前走3人気0- 0- 1- 17/ 180.0%0.0%5.6%011
前走4人気1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%4416
前走5人気0- 2- 3- 7/ 120.0%16.7%41.7%0139
前走6~9人1- 3- 1- 36/ 412.4%9.8%12.2%2055
前走10人~0- 0- 1- 25/ 260.0%0.0%3.8%014

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

前走1人気に支持された馬の成績が圧倒的に良いですね。単複回収値も100を超えています。

有馬記念過去10年前走着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着4- 3- 3- 25/ 3511.4%20.0%28.6%7096
前走2着1- 1- 0- 11/ 137.7%15.4%15.4%1216
前走3着2- 2- 1- 13/ 1811.1%22.2%27.8%5747
前走4着2- 0- 2- 8/ 1216.7%16.7%33.3%14693
前走5着0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%074
前走6~9着1- 2- 0- 30/ 333.0%9.1%9.1%1236
前走10着~0- 1- 3- 31/ 350.0%2.9%11.4%044

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

前走着順は4着以内が過去10年で9勝と好走率が高い傾向です。

有馬記念過去10年前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
菊花賞G14- 1- 1- 5/1136.4%45.5%54.5%149136
JCG13- 4- 7-47/614.9%11.5%23.0%3162
天皇賞秋G11- 1- 0-10/128.3%16.7%16.7%3323
凱旋門G11- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%4067
エリザベG10- 2- 0-13/150.0%13.3%13.3%046
マイルチG10- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

集計期間:2009.12.27 ~ 2018.12.23

今年は裏路線からの出走がありません。

過去10年では、前走菊花賞からの出走が好成績をあげています。意外に秋天からはいまいちな成績ですね。

2019年GⅠ有馬記念過去10年データまとめ

過去10年の有馬記念で好走率が高いデータは

・1~7枠

・3~5歳馬

・前走4着以内

・前走1人気

このデータを組み合わせた結果は

着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
7- 3- 1-12/2330.4%43.5%47.8%191134

このデータの対象になる出走馬は、アーモンドアイヴェロックスです。

これだけでも期待値は100を超えていますが、前走レースをさらに加えると。

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
菊花賞G14- 0- 0- 1/ 580.0%80.0%80.0%328132

秋天からのデータはなかったので、菊花賞だけとなりましたが勝率8割とかなり高いデータが出ました。善戦マンのヴェロックスがGⅠを勝つ可能性がありますかね。

ちなみに、唯一着外になった馬は2015年のリアファルで最下位に沈みましたw

2019年有馬記念をMの法則で予想

データはアーモンドアイとヴェロックスでしたが、アーモンドアイは余程体調が悪くなければ馬券圏内は割と堅そうですかね。ただ、前売りですが1倍台になるほど勝つ確率が高いかというとそうでもないと思います。

今回は中山なのでアーモンドアイは、ほとんどのレースが高速馬場での摩擦が少ない緩いレースを走っているので、中山でのタフなレースになった時に勝ちきれるかが心配です。

ヴェロックスは枠が外なのが痛いですね。せめて真ん中に入ってくれれば、先行してロスのない競馬ができそうでしたが、外枠だと最初に余計な脚を使う可能性もあるのでどうでしょうか。◎にはできないですね。

◎は難しいですね。サートゥルナーリアにしようかなと思いましたが、タフな競馬向きじゃなさそうなので自信は持てません。

ワールドプレミアの方が菊花賞からでステップ的には良さそうですが、関東への輸送が1回もないので当日の気配を確認してからですね。

リスグラシューは、宝塚記念を勝っている通りタフなレース向きな馬なので、有馬記念は合いそうですが、ステップがコックスプレートからなので何とも言えないですね。紐に拾っておく程度が無難ですかね。

馬券的にはアーモンドアイも簡単に切れないので、難しいわりに配当がつかないような感じがするレースですかね(A;´・ω・)

毎年有馬記念は、ほとんど3歳馬から買っているので個人的な馬券は、サートゥナーリアワールドプレミアの単勝を買おうかなと思います。

それではこの辺で失礼致します(^_^)/





シェアする

フォローする