2019年重賞展望GⅢ【東京新聞杯】を過去10年データで分析

ロードモバイル

(*´・ω・)ノおはようございます~♪

馬券研究家のたいたいでございます(`・ω・´)

今回は、2019年2月3日東京11RGⅢ東京新聞杯を、主に過去10年データを使って分析していきます。

JRA-VANとターゲットより参照



GⅢ東京新聞杯 同コース過去3年データ 

最初に、平場を含む過去3年データで同コースを分析していきます。

まずは東京芝1600mのコース解説です。

コーナーまで距離があるので枠順の不利はないコースです。東京コースは直線が長いですが、芝はスローになりやすく前有利の傾向で逃げ切りも可能です。

同コース 枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠22- 23- 19-252/3167.0%14.2%20.3%6166
2枠19- 24- 27-265/3355.7%12.8%20.9%4766
3枠28- 23- 20-279/3508.0%14.6%20.3%5363
4枠24- 22- 22-300/3686.5%12.5%18.5%3150
5枠28- 29- 23-311/3917.2%14.6%20.5%9183
6枠23- 39- 21-323/4065.7%15.3%20.4%4153
7枠31- 25- 44-366/4666.7%12.0%21.5%4481
8枠37- 28- 36-382/4837.7%13.5%20.9%4455

集計期間:2016. 1.30 ~ 2019. 1.27

データからも枠順での不利はありませんね。

同コース 脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ30- 27- 26- 129/ 21214.2%26.9%39.2%136145
平地・先行88- 78- 67- 556/ 78911.2%21.0%29.5%7790
平地・中団82- 81- 84- 964/12116.8%13.5%20.4%5163
平地・後方12- 27- 35- 827/ 9011.3%4.3%8.2%927
平地・マクリ0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3F 1位67- 54- 44- 99/ 26425.4%45.8%62.5%223207
3F 2位59- 51- 27- 95/ 23225.4%47.4%59.1%128163
3F 3位23- 29- 31- 129/ 21210.8%24.5%39.2%79114
3F ~5位35- 36- 36- 316/ 4238.3%16.8%25.3%6977
3F 6位~28- 43- 74-1833/19781.4%3.6%7.3%1327

集計期間:2016. 1.30 ~ 2019. 1.27

東京コースは直線が長くて追い込みでも届きそうな気がしますが、重賞以外はスローが多いので前有利の傾向です。データからも逃げの成績が1番良くて、上がりは切れる脚を持っている馬が上位に来ている傾向です。

同コース 出走騎手別集計

騎手着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
ルメール35- 17- 13- 42/10732.7%48.6%60.7%11898
大野拓弥11- 11- 7-104/1338.3%16.5%21.8%6471
田辺裕信9- 13- 16- 84/1227.4%18.0%31.1%5177
横山典弘9- 3- 8- 72/ 929.8%13.0%21.7%4859
石橋脩8- 5- 2- 53/ 6811.8%19.1%22.1%7645
北村宏司7- 8- 4- 84/1036.8%14.6%18.4%2643
柴山雄一6- 4- 5- 47/ 629.7%16.1%24.2%5982
武豊6- 4- 4- 22/ 3616.7%27.8%38.9%9271
福永祐一5- 6- 4- 41/ 568.9%19.6%26.8%6871
三浦皇成3- 5- 5- 58/ 714.2%11.3%18.3%6670
北村友一2- 0- 3- 9/ 1414.3%14.3%35.7%107102
杉原誠人0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%25.0%058
ブロンデ0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0200
ミナリク0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
坂井瑠星0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

集計期間:2016. 1.30 ~ 2019. 1.27

ルメール騎手が驚異的な成績です( ;゚Д゚) 複勝率6割なので軸にしなくても、紐にはいれておきたいですね。

同コース 出走種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト46- 35- 33-166/28016.4%28.9%40.7%94100
ハーツクライ13- 8- 14- 75/11011.8%19.1%31.8%4369
キングカメハメハ11- 8- 9- 73/10110.9%18.8%27.7%5761
ステイゴールド8- 8- 9- 79/1047.7%15.4%24.0%9289
ルーラーシップ5- 8- 4- 38/ 559.1%23.6%30.9%3171
アドマイヤムーン5- 6- 7- 59/ 776.5%14.3%23.4%4659
マツリダゴッホ3- 3- 1- 80/ 873.4%6.9%8.0%2327
スクリーンヒーロー2- 4- 1- 44/ 513.9%11.8%13.7%2828
スニッツェル2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%40.0%19870
ジャングルポケット1- 3- 3- 32/ 392.6%10.3%17.9%2961
Kitten’s Joy1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%7428
Raven’s Pass0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0100

集計期間:2016. 1.30 ~ 2019. 1.27

ディープインパクトの成績がかなり良いです。ステイヤーのイメージがあるステイゴールドもそこそこ走っていますね。

GⅢ東京新聞杯 過去10年データで分析

ここからは、東京新聞杯の過去10年データを使って分析していきます(`・ω・´)

年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳4- 4- 4- 24/ 3611.1%22.2%33.3%5975
5歳2- 3- 5- 31/ 414.9%12.2%24.4%6998
6歳4- 2- 0- 29/ 3511.4%17.1%17.1%136107
7歳0- 1- 1- 26/ 280.0%3.6%7.1%019
8歳0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

過去10年では、4~6歳馬で全10勝していて、7歳以上の馬になると37頭中2頭しか馬券に絡んでいないので、高齢馬は軽視していいと思います。

枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 1- 3-13/185.6%11.1%27.8%2580
2枠1- 3- 0-13/175.9%23.5%23.5%3765
3枠4- 2- 0-13/1921.1%31.6%31.6%208100
4枠3- 0- 2-14/1915.8%15.8%26.3%18788
5枠0- 1- 1-17/190.0%5.3%10.5%022
6枠0- 1- 2-16/190.0%5.3%15.8%081
7枠0- 2- 1-17/200.0%10.0%15.0%0121
8枠1- 0- 1-17/195.3%5.3%10.5%6025

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

東京1600mは枠順での不利はありませんが、東京新聞杯に限ると内枠有利の傾向です。1~4枠で9勝していて特に3、4枠が好成績を収めています。外枠もダメではありませんが、軸馬は内枠から選ぶのが良いかもしれませんね。

人気別集計

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%047
2番人気2- 0- 2- 6/ 1020.0%20.0%40.0%9668
3番人気3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%17984
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%051
5番人気3- 3- 1- 3/ 1030.0%60.0%70.0%328211
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%063
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%087
8番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%37492
9番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%0138
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
11番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%0120
12番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
15番人気0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%0218

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

過去10年では1、2人気馬はあまり信頼できませんね。結構手広く走っていますが、流石に二桁人気馬になるとそれほど走っていないので、軸馬は1~9人気馬から選ぶのが無難だと思います。

前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%7528
平地・先行2- 1- 3- 28/ 345.9%8.8%17.6%8370
平地・中団4- 5- 7- 46/ 626.5%14.5%25.8%7097
平地・後方2- 4- 0- 39/ 454.4%13.3%13.3%3347
平地・マクリ1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%600240
3F 1位2- 4- 0- 14/ 2010.0%30.0%30.0%7585
3F 2位0- 1- 1- 11/ 130.0%7.7%15.4%031
3F 3位1- 1- 1- 14/ 175.9%11.8%17.6%6895
3F ~5位2- 1- 3- 14/ 2010.0%15.0%30.0%11682
3F 6位~5- 3- 5- 65/ 786.4%10.3%16.7%6172

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

平場は前有利ですが、流石に重賞になるとそう簡単にはいかないですね。重賞だとある程度は流れるので消耗戦にもなりやすく、差し馬が上位に来る傾向です。もし逃げ馬を買うならMの法則だと有名ですが、前走逃げた馬ではなく前走で逃げられなかった逃げ馬を買うのが期待値が高まります。

ターゲットで中団の馬は、4角11番手まで集計されていたので11番手までとします。

前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1600万下2- 0- 0- 7/ 922.2%22.2%22.2%19677
OPEN特別2- 6- 2- 36/ 464.3%17.4%21.7%46104
G31- 3- 4- 42/ 502.0%8.0%16.0%1233
G21- 0- 3- 16/ 205.0%5.0%20.0%2582
G14- 1- 1- 17/ 2317.4%21.7%26.1%20596

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

そんなに明確な差はありませんが、前走GⅠ組が1番安定して走っています。1600万からの馬も単勝回収値が高く悪くありません。複勝率はどれも差はありませんが、連軸だと前走1600万からとGⅠからの馬を選ぶのが良さそうですね。

前走平地距離別集計

前走平地距離着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
同距離6- 8- 6- 76/ 966.3%14.6%20.8%5979
今回延長1- 0- 3- 20/ 244.2%4.2%16.7%2168
今回短縮3- 2- 1- 24/ 3010.0%16.7%20.0%11958
500m以上延長0- 0- 0- 0/ 0
500m以上短縮3- 1- 0- 4/ 837.5%50.0%50.0%446166

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

過去10年では延長馬が苦戦している傾向です。昨年のリスグラシューみたいな500m以上の短縮馬がいるとかなり期待できますが、今回は残念ながら対象馬はいません。軸にするなら同距離か短縮馬から選ぶのが無難ですね。

過去10年 東京新聞杯成績

GⅢ東京新聞杯 データ分析からの軸馬候補

過去10年データから期待値が高いデータを並べると

・4~6歳馬

・1~9人気

・1~4枠

・同距離馬と短縮馬

・差し馬(11番手まで)

上記のデータを組合わせるとこのような成績が出ました(*´ー`)

今回1~4枠に短縮馬はいないので前走データは同距離馬のみにしています。

着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2- 3- 3- 3/1118.2%45.5%72.7%164257

集計期間:2009. 1.31 ~ 2018. 2. 4

今回の出走馬では、インディチャンプタワーオブロンドンが該当しました。

予想の参考になれば幸いです♪

それではこの辺で失礼致します(^_^)/




シェアする

フォローする


おすすめ馬券本