オルタナティブガールズ2

一口馬主【ツァイトライゼ】【シュエットヌーベル】【プラチナムバレット】出走

(*´・ω・)ノおはようございます~♪

一口馬主ブログでございます~♪

今週は愛馬が3頭出走します

3/3 ツァイトライゼ号とシュエットヌーベル

3/4 プラチナムバレット号が出走でございます





3/3 小倉2R ツァイトライゼ号出走

3歳未勝利 D1700M 2枠4番 木幡 巧也騎手

調教と調教師のコメント(公式サイトより)

28日(水)に小倉競馬場ダートコースで4ハロン56.4-41.5-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「中1週での出走となるので半マイルからさっと流しての追い切りです。跨った巧也は感触は悪くありませんよと話してくれました。この小倉滞在では前回は芝、今回は距離を延ばしてと挑戦が続きます。これまでは短いところを走ってきていますので前に行けるスピードはあると思いますが、無理して前にというよりは楽に好位につけて道中は力まず走らせるのをイメージしています」(田島俊明調教師)



前走は芝でさっぱりダメでした。今回は初のD1700Mなのでここで前目で競馬して、次走で短距離ダートを走らせて短縮ショックをかければ走りそうです。なので今回は先行してさらっと怪我なく走ってきて欲しいです。

結果はレース後に追記します

追記 レース結果

12人気6着でした

レース後の騎手のコメント(公式サイトより)

「ずっと短い距離を使っていた馬なので出し過ぎてもと思い、出たなりで好位をキープすることができましたが、気性的に難しいところがある馬なので、結果的にハナへ行って気分良く行かせた方が良かったかもしれません。直線も苦しがって内にモタれていたものの、手応えの割に最後まで良く頑張ってくれたと思います。欲を言えば、もうひとつ上の着順(優先出走権を獲得できる5着)が欲しかったんですけどね…。それでも内容としては悪くありませんし、距離もギリギリ守備範囲でしょう。今後につながる競馬はできたと思います」(木幡巧也騎手)

出来れば5着が良かったですが、初のD1700で2桁着順も覚悟していたので頑張ったと思いますね。今回はスタートも良くて直線でも結構粘っていました。

D1700でもある程度走れることがわかったのは収穫ですね。次は短距離使って短縮ショックで勝ち負けできるか期待したいところです(`・ω・´)

ツァイトライゼ号お疲れ様でした(*´ー`)

3/3 小倉9R シュエットヌーベル号出走

4歳上500万下 芝1200M 6枠10番 森 裕太郎騎手

調教と調教師のコメント(公式サイトより)

2月28日(水)に坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、56.2-41.1-26.7-13.3を末一杯に追い切りました。「中一週の競馬と輸送を考慮して、最終追い切りは終いにサッと脚を伸ばすだけの指示で内容をまとめました。動きに硬さはなく、前走からの反動も見られずにレースに臨めると思います。揉まれると弱いタイプなのは芝・ダートとも現状一緒ですが、キックバックを気にせずノビノビ走れるため、芝の方が力を出し切れる。番組、鞍上の選択についても投票締切の時間ギリギリまで悩み、今回は減量の森裕太朗で行かせてもらうことになりました。たとえハナが奪えなくても、前々からスムーズな競馬を心掛けて乗ってもらい、決め手ある有力馬たちとは斤量の差も生かして勝負させます。前回以上の良い結果が出せることを期待しています」(羽月友彦調教師)



前走はダートから芝+短縮ショックがあったので激走できましたが、今回はノーショックなので走らないような気がします(´・ω・`;A)

前走の反動が怖いので無理せず怪我なく走ってきて欲しいです。無理に中1週で使うこともないと思いますがね(ノ´Д`)

結果はレース後に追記します

追記 レース結果

5人気6着でした

レース後の騎手のコメント(公式サイトより)

「スタートで若干立ち遅れてしまいましたが、追っつけて先団へ。ただ、道中ずっと追い通しで追走に余裕がなかったですね。それでも終いはジリジリと差を詰めていただけに、もう1ハロンでも距離が延びて追走が楽になれば、もっとやれると思います。芝で切れるタイプではないので、今回のように前々に付けて粘り込む形がベターでしょう」(森裕太朗騎手)

惜しくも5着は逃しましたが、前走の反動がある中よく走ったと思います。芝だと安定して先行できているので、500万では勝ち負けできそうな走りですね。今回は中1週で輸送もあったので、少し休養してからまた頑張って走って欲しいです。

シュエットヌーベル号お疲れ様でした(*´ー`)

3/4 阪神11R プラチナムバレット号出走

OP大阪城S 芝1800M 5枠5番 浜中 俊騎手

調教と調教師のコメント(公式サイトより)

3月1日(木)に坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、51.0-37.2-25.2-13.2を馬ナリに追い切りました。「最後はやや抑え気味だったものの、最終追いは坂路で好時計をマーク。一度使って体が引き締まってきましたし、体調面も変わらず良い状態をキープできています。ハンデ57kgはこちらが想定していたよりも見込まれた印象ですが、それでも十分やれるだけの力を持っている馬。阪神コースの芝1800mはデビュー戦を勝って、重賞(毎日杯)でも小差4着した条件ですから、バレットの適性自体は高いと思う。いずれまた大きな舞台で戦うために、ここはバシッと決めてほしいですね」(河内洋調教師)



前走は骨折長期休み明けで、輸送があったにしても体重が増えてこなかったのが気になりますね。今回は+10キロ以上で出てきて欲しいですが、もしマイナス体重で出てきたら嫌な予感がしますね。

個人的には、毎年少頭数で楽そうな阪神大賞典まで待ってじっくり調整して欲しかったんですけどね(´・ω・`;A) 中距離は1年中どっかに何かしらのレースがありますが、長距離は今時期しか試せませんからね(A;´・ω・)

今回は短縮で勝ち負けできそうですが、無理そうなら疲れが残らないように走ってきて欲しいです。

結果はレース後に追記します

追記 レース結果

3人気3着でした

レース後の騎手のコメント(公式サイトより)

「ペースが落ち着いたので、意識的に早めに動いたのですが、最後は決め手の差ですかね。動きそのものは前走より素軽くなっていましたが、ゴーサインを出してからの反応、追い出してからのアクションはまだまだ。もっとしっかりとした走りが出来るはずです。次にもっと良くなってくるのを楽しみにしています」(浜中俊騎手)

馬体重は+6と増えてきましたが、まだまだ増えて来て欲しいところですね。プラチナムバレットは持続脚型の馬だと思うので、最後はキレのある馬に差されましたがレース内容は良かったと思います。

中距離でも走れると思いますが、次走はもっと長いところを走って欲しいですね。ここを使わないで阪神大賞典から春天を走って欲しかったんですが、次は何処を走るのか注目したいです。

プラチナムバレット号お疲れ様でした(*´ー`)

それではこの辺で失礼致します(^_^)/